グッドアールエックスの回復具合とディズニープラスの伸びに注目 今週の決算発表予定 5月第2週

グッドアールエックスは成長を回復できるか

怒涛の決算発表はひと段落した感があります。
最近、忙しくなかなかブログ更新できていませんが、順次決算記事を書いていこうと思っています。

今週は私のいくつかの保有銘柄で決算発表を迎えます。

個人的に注目しているのはグッドアールエックスです。
グッドアールエックスは人々が薬局で処方箋を受け取る際に薬の価格を比較できるアプリサービスを提供しています。

アメリカではワクチン接種がすすみ、経済活動再開が進んでいます。前回の決算までは、『新型コロナの影響で外出自粛の動きがあったため・・・』という言い訳(少し言葉は悪いかもしれませんが)ができましたが、今回の決算からコロナを成長鈍化の言い訳にするには少し無理がある状況になってきました。

⬆️はグッドアールエックスの前回の決算資料からの引用で、アプリを利用した処方せんからの売上高の推移を表すグラフです。
この数字をどこまで伸ばせるかが決算の鍵になってくると思います。

ネットフリックスは伸びが鈍化したがディズニープラスはどうか?

先日発表されたネットフリックス(NFLX)の決算では新規ユーザーの伸びが鈍化し、決算発表後、株価は大きく下落しました。ステイホームの影響による需要増が一巡したと考えられています。

今週のディズニー(DIS)の決算では、ネットフリックスの後を追うディズニープラスの新規ユーザー数の伸びに注目が集まります。
昨年末以降、ディズニーの株価は大きく上昇し、PERはそれまでの変動幅の上限を超える水準で推移しています。本業の映画事業やパーク事業がコロナの影響で不振の中でのPER上昇ですから市場のディズニープラス に対する期待は大きいと思います。
期待が大きい分、結果が期待はずれに終わった場合、失望売りも大きくなるでしょう。短期では今回の決算がディズニープラスへの期待で上がってきた相場が一巡するきっかけになる可能性があります。

5月11日(火)
ロイヤリティ・ファーマ(RPRX)

5月13日(木)
グッドアール・エックス(GDRX)
ウォルト・ディズニー(DIS)
アリババ・グループ(BABA)

※太字は私がウォッチしている銘柄です。リンクで前回の決算記事に飛びます。