ディズニーのストリーミング事業の進捗に注目 2月第2週の主な決算発表予定

ペプシコやディズニーが決算発表予定

11日にウォッチしている3銘柄の決算発表が被るということになっています。決算書読むのそれなりに時間かかるのでできれば決算発表日、散らばってくれるとありがたいんですが・・・。

なかでも注目はウォルト・ディズニー(DIS)です。
前回の決算では傘下のストリーミング事業のディズニープラス、Hulu、ESPN+の有料会員数の合計が1億2,000万人を超え、ディズニープラス単体でも7,300万人を超えたことで株価が大きく上昇しました。

先日のネットフリックス(NFLX)の決算発表では有料会員数が初めて2億人を突破したと発表され大きなニュースになりました。その流れを受けて今回のディズニーの決算へのマーケットの期待は大きいと思います。

既存事業のパーク事業や映画事業はあまり期待できないでしょう。特にパーク事業ではカリフォルニアのディズニーランドはいまだに営業再開できていません。昨年の3月から営業を休止しているのでもうまもなく1年閉園していることになります。もし、営業再開のニュースが発表されればマーケットは好感するでしょう。ただ、営業再開できたとしても、そのほかの各地のディズニーパーク同様、入場制限がかかるので収益が急回復するということにはならないと思います。パーク事業の完全回復はコロナ収束まで見込めないと思います。

そのほかの主な決算発表予定は以下のとおり。

2月9日(火)
ツイッター(TWTR)
シスコシステムズ(CSCO)

2月10日(水)
コカコーラ(KO)
ゼネラルモーターズ(GM)
※FRBパウエル議長が講演予定

2月11日(木)
ペプシコ(PEP)
ウォルト・ディズニー(DIS)
ベリサイン(VRSN)

※太字は私がウォッチしている銘柄です。リンクで前回の決算記事に飛びます。