個人的にはビットコインに価値を見出せない

5万ドルを超えたビットコイン

先日、ビットコインが初めて5万ドルの大台を突破したと話題になりました。同じころ、テスラ(TSLA)がビットコインを購入したとニュースになっています。

私は正直、ビットコインの価値には懐疑的です。少なくとも今の相場環境のままでは投機の対象にはなっても、通貨として一般に普及することはないだろうと思います。

貨幣が貨幣たらしめるもの

そもそも貨幣とはなんでしょうか?

目の前に千円札があるとします。あなたがコンビニに入って、1個100円のチョコレートが欲しいなと思ったら、レジまで持っていって千円札を店員さんに渡すと、そのチョコレートが手に入ります。そしておつりとして100円玉9枚をあなたに渡します。

なぜ、コンビニの店員は千円札と書かれている野口英世の肖像が描かれた紙と、食べると栄養が摂取できて美味しいチョコレートを交換したのか?
それは、店員が千円札に1000円の価値を認めていて、100円のチョコレートよりも千円札のほうが価値があると認めたからです。そして差額の900円を百円玉9枚としてあなたに渡した。あなたも千円札の価値からチョコレートの価値を引いた価値が百円玉9枚の価値と同等だと認めたので900円のおつりを受け取ったわけです。

回りくどい言い方になりましたが、何が言いたいかと言うと、貨幣が貨幣たらしめているのは、みんながそれを貨幣だと信じているからです。

昔は金本位制とか銀本位制とかいう貨幣の後ろ盾となる制度がありました。金本位制というのは、たとえば千円札を日本銀行に持っていくと1000円分の金と交換しますよ、という制度です。金の価値を通貨の価値の後ろ盾にしていたのです。

ただ、現在、金本位制や銀本位制を採用している主要国はありません。
では、なぜ金とも銀とも交換できないただの紙きれを皆が貨幣としてありがっているのでしょうか?

それはそのお金の発行元に対する信頼があるからです。日本円の場合は日本政府や日本銀行、米ドルの場合はアメリカ政府やFRBということになります。

私が世界一周をしていたとき、経済が成熟していない新興国では、自国の通貨に加えて米ドルでも支払いができるということがしばしばありました。
日本人からするとなかなか信じがたい話かもしれませんが、100円のチョコレートを買うときに、100円が手元になかったら1ドル紙幣でも買えるというような感覚です。

なぜ、アメリカ以外の国でドル紙幣でモノが買えるのかというと、それは人々のドル紙幣に対する信用が自国通貨より高いからです。

逆の言い方をすると自国の政府や中央銀行に対する信用がアメリカ政府やFRBよりも低いということです。理由は政治腐敗であったり、過度なインフレであったりいろいろありますが、自国の政府や中央銀行よりもアメリカ政府やFRBへの信用のほうが高いと国民の大多数が認めているので、外国の通貨である米ドルが国内で通用するのです。

ビットコインの発行元は?

話をビットコインに戻します。
テスラでは車を買うときにビットコインで支払いができるそうです。日本国内でもビックカメラがビットコインでの支払いに対応しているそうです。

徐々に市民権を得てきてはいるのかなと思います。もしこれが国民の大多数が価値を認めるようになれば立派な通貨として機能すると思います。

ただ、今のシステムのままで既存通貨のようにどこでも通用する貨幣になることは不可能だと思います。

そもそもボラティリティが高すぎます。

⬆️は過去1週間のビットコインのチャートですが、安値が表示されている43,300ドル近辺で、高値が50,000ドル近辺です。高値と安値の変動率はおよそ15%です。ドル円の変動率はここ数年は年率で10%前後です。1週間でドル円が15円も動いたら財務省や日銀はパニックになると思います。

ではなぜ、ビットコインの変動率は高いのか?
それは特定の発行元が存在しないからです。1週間で15%動いて、パニックになる発行元が存在しないからです。

もしドル円が1週間で15円動けば、日本政府や日銀、アメリカ政府やFRBが貨幣の供給量を調整して価格変動を抑えようと動きます。日本銀行やアメリカのFRBなど中央銀行にとって最も重要な業務の一つが物価の安定です。通貨の価値が大きく変動していては物価の安定は望めません。

ドル円など既存通貨もビットコインも需給によって価格が変動しているという点では一緒です。しかし、既存通貨の場合、それを常に監視していて度を超えて大きく変動したときにそれを調整する役割の発行元が存在します。そういった発行元がいるからこそ、人々は安心してその通貨を使うことができるわけです。

私がビットコインに価値を見いだせないというのは、その価値の本源となる存在がないからです。たしかに皆がビットコインの価値を認めればビットコインは立派な通貨として機能するでしょう。しかし、その信頼を勝ち得るためにはその価値の安定を保証する存在が必要ですが、それがビットコインにはありません。

卵が先かニワトリが先かみたいな話ですが、圧倒的多数の人の信用を得るためにはその後ろ盾となる存在が必要です。既存通貨においては政府や中央銀行の権威や権力が担っているわけですが、特定の発行元が存在しないビットコインが既存通貨と同じような土俵に立つには、そういった権威や権力抜きで世の中の大多数の人の信用を勝ち得なければなりません。
いくら決済のデジタル化が進んだとしても、現状でそれは不可能に近いと思います。