ついにスイッチ買えた! 今期の任天堂の決算は凄かったですね

以前、Nintendo Switchが欲しい!と記事で書いたことがあります。

気づけばあれからかれこれ2ヶ月。Twitterに『Switch入荷速報』というアカウントがいくつかありまして、フォローしてちょこちょこ時間のあるときに見るようにしてました。
入荷しても30分以内には確実になくなってしまいます。早い時は10分も経たないうちに注文不可になってしまいます。

私はTwitterに張り付いていたわけではありませんでしたが、あまりにも買えないので半ば諦めていました。
先日、ふとTwitterを見ると1分前にAmazonに入荷したとのツイートがあり、試してみたところ、なんと買えました。
注文して翌日には届きました。Amazonってすごいな〜と改めて実感させられました。

早速、『あつまれどうぶつの森』(あつ森)と『マリオカート8』をダウンロードしてやってます。TVゲーム買ったのはPS2以来だったので、ソフトもAmazonでオンラインで買えて、ダウンロードできることにもいちいち感動してました(笑)。

そんなNintendo Switchが絶好調な任天堂ですが、先日決算発表がありました。

出典:任天堂 決算説明資料

売上高は前年比倍増、営業利益は4倍以上、純利益は5倍以上っていうものすごい決算でした。

あつ森は3ヶ月で1,000万本以上売り上げたそうです。これだけ売れれば純利益5倍も納得できます。
ちなみにスイッチは海外でも人気らしく、私がスイッチ買いたいけど買えないと妻に話したところ、アメリカにいる妻の妹にアメリカで買って送ってくれないか聞いてくれたそうです。妻の妹はAmazonと近所の家電量販店を見てくれたらしいですが、アメリカでも同様に品薄で買えなかったとのことでした。あつ森は”Animal Crossing”の英題でアメリカでも一番人気だそうです。今期のあつ森の1,000万本の売上のうち、300万本が日本国内、700万本は海外での売上でした。

あつ森では他のプレーヤーの島を訪問したり、マリオカートでは世界中のプレーヤーと通信対戦する機能があるのですが、私は正直、スイッチを手に入れるまでそれが有料会員制だと知りませんでした。確かに世界中の人と通信対戦は魅力ですが、サブスクに登録するかどうか、まだ迷っています。でも結局始めちゃうだろうなとは思いますが。
任天堂は作品がヒットするかどうかで業績に大きな波があります。90年代にポケットモンスターが大ヒットしましたが、ポケモンブームが下火になるとしばらく業績が低迷しました。2004年にニンテンドーDS、2006年にWiiが大ヒットを記録しましたが、その後、スイッチ登場までは再び低迷しました。そうした業績の波をなくすにはサブスクは非常に有効なビジネスモデルだと思います。
しかし上の棒グラフでサブスクのNintendo Switch Onlineを含む黄色い部分はデジタル売上高のうち、まだ3割程度のようです。

TVゲームって久しくプレーしていませんでしたが、やはりやってみると面白いものですね。任天堂のゲームは他社のものよりシンプルで、普段あまりゲームをしない私のような人にとっても敷居が低く、そこが強みになっているのかなと思います。