有名になったら立ちションもでけへんようになる

小さいころは有名になりたかった

小学生を対象にした将来、なりたい職業を聞くアンケートがあります。上位の常連は男子はプロ野球選手、プロサッカー選手、警察官、女子ならパティシエ、看護師などでしょうか。近年はユーチューバーが上位に入ってきているそうです。

私も小学生のころは野球やサッカーをやっていたので、プロ野球選手やサッカー選手に憧れました。もともと野球少年でしたが、ちょうど1998年のワールドカップに日本代表が初出場した時期で、学校での休み時間はもっぱらサッカーやってました。

当時、少年野球チームに入っていたんですが、巨人の星を地でいく熱血親父を持つ同い年の子が同じチームにいました。夕方、お父さんが仕事から帰ってくると必ず二人で練習していたそうです。365日、雨が降っても、元日でも、旅行先でも必ず野球の練習をするらしく、そのお父さんは本気で甲子園出場とプロ野球選手になることを期待していたようです。
小中は違う学校でしたが、私が入った高校が偶然、野球が強い学校で彼もスポーツ推薦で同じ高校に入ってきました。校内で会ったときに「よう」ぐらいの挨拶はしたと思いますが、スポーツ推薦はクラスも違うのでほぼ交流はありませんでした。それでも入学当初は鳴り物入りで、「1年でレギュラーかも」みたいな話は小耳に挟んでいましたが、彼は半年ほどで退学処分になりました。タバコと万引きが2度バレて、2度目で退学処分を受けたらしいです。
その後、熱を上げていた親父さんはすっかり彼を諦めて今度は弟に期待をして彼は見放され、グレてホストになったという噂を最後に消息を聞かなくなりました。
あんなに小さいころから努力して上手でもプロ野球どころか甲子園にさえ出られないなんて、厳しい世界だなと思ったのを記憶しています。

私は幸運にも(?)そんな熱血親父も飛び抜けた才能もなかったので、プロスポーツ選手なんて夢のまた夢でした。小学生当時は憧れましたが、今は有名になるなんてまっぴら御免です。

有名税は年々高くなっている

昨年、中日にドラフト1位指名された根尾選手が交通違反しているのを目撃したと球団に通報があり、厳重注意を受けるという出来事がありました。新聞のニュースにもなっています。

【中日】根尾と垣越、交通ルール守らず厳重注意…赤信号避け横断歩道ない場所横切ったと通報される

中日は11日、ドラフト1位・根尾昂内野手(19)と同5位・垣越建伸投手(19)が名古屋市中川区の道路で交通ルールを守らなかったとの通報を受け、両選手に厳重注意したと発表した。 …

私はこの記事を読んで、つくづく有名になんてなるもんじゃないなと思いました。
たしかに横断歩道のない車道を渡るのは交通違反です。しかし、夜、交通量の少ない道だったら誰でも一度は横断歩道のないところを左右確認の上、渡ったことぐらいあるのではないでしょうか。

昔、福本豊という盗塁の世界記録を作った選手がいました。私が物心ついたころにはすでに引退していたのでリアルタイムでは知りませんが、アメリカの野球殿堂に行ったときに福本選手のスパイクが展示されていて驚いたことがあります。

引退後、彼に国民栄誉賞の授与が打診されましたが、本人が受賞を断りました。そのときの断った理由が名言(迷言?)になっています。

「そんなもんもろたら立ちションもできんようになる」

まぁ、彼の場合はすでに有名人だったので、すでに国民栄誉賞を受賞している王貞治さんのように誰からも愛される野球人の手本のような存在になれる自信がないというのを彼流の言い回しで表現したらしいですが、言い得て妙だなと思います。

福本選手が国民栄誉賞を辞退したのは80年代ですが、その後のインターネットとスマートフォンの普及で、今では有名税はさらに高くなっていると思います。昔は主に週刊誌だけだったと思いますが、今では一般の人も含めて誰でもどこでも写真を撮ったり、SNSでつぶやいたりできる時代です。一歩外に出れば常に誰かに監視されているというような感覚ではないでしょうか。
根尾選手の件のように交通違反や交通事故を起こせばもちろんのこと、普通に買い物や食事をしているだけでも写真を撮られることがあります。不倫なんかすれば仕事にも大きな影響が出ます。

私は芸能人の不倫騒動を見ているといつも腑に落ちないことがあります。「申し訳ありませんでした」とカメラに向かって頭を下げる謝罪会見です。
不倫は家族を裏切ることですから良くない事だと思います。企業はイメージダウンになってしまうので、CMに起用しているタレントが不倫をしたら降板させることも理解できます。しかし、カメラに向かって頭を下げる謝罪会見は誰に対して何のために謝罪しているのかまったく理解できません。
現代の日本では不倫は離婚の正当な理由とみなされ、離婚調停の裁判での慰謝料請求にかなり不利に働くことはありますが、犯罪ではありません。戦前は姦通罪という犯罪でしたが、現代では不倫を理由に逮捕され、処罰されることはありません。であれば、謝罪すべきは家族や迷惑をかけた仕事上の関係者で、公衆の面前で頭を下げる筋合いはないと思うのですが、現代の日本ではそうはいかないようです。まぁ、そもそも不倫するやつが悪いと言えばそれまでですが。

プロスポーツ選手やユーチューバーは大当たりすれば経済的には莫大な報酬がもらえます。常に誰かに行動を監視されているかもしれないという窮屈さ、生活の不自由さも加味された上での莫大な報酬なのかもしれませんが、個人的にはどんなにお金を積まれても見合わないかなと思ってしまいます。