YouTubeとGoogle Cloudが成長エンジン アルファベット Q4 決算

アルファベット(GOOGL、GOOG)Q4

決算発表 2月2日
【決算概要】

Q4(前年比)市場コンセンサス予想
売上高569.0億ドル(+23.5%)531億ドル
営業利益率27.5%(+7.4%<+740bps>)
EPS22.3ドル(+45.3%)15.93ドル
2020通期(前年比)市場コンセンサス予想
売上高1825.3億ドル(+12.8%)1787.6億ドル
営業利益率22.6%(+1.5%<+150bps>)
EPS58.61ドル(+11.9%)51.73ドル

株価:2053.63ドル(2月4日終値)
2020年度EPS:58.61ドル
2021年度EPS(予):67.44ドル

PER(実):35.03倍 益回り:2.85%
PER(予):30.45倍 益回り:3.28%
過去10年平均PER:26.42倍 益回り:3.79%

非の打ちどころがない好決算

グーグルの売上の内訳は以下のとおりです。

2020(前年比)割合
Google検索&その他1040.6億ドル(+6.1%)57.3%
YouTube広告197.7億ドル(+30.5%)10.9%
Google Network Members230.9億ドル(+7.1%)12.7%
Google Cloud130.6億ドル(+46.4%)7.2%
その他217.1億ドル(+27.6%)11.9%
Google売上総計1816.9億ドル(+13.0%)100%

『Google Network Members』にはこのブログでもお世話になっているGoogle AdSenseなどが、『その他』にはYouTubeのサブスクリプションなどの売上が含まれます。

こうして見ると、やはり好業績の牽引役はYouTubeとGoogle Cloudだということがわかります。コロナ禍で自宅で過ごす時間が長くなったり、リモートワークが励行されたりしたことが追い風となりました。

ちなみにクラウドで首位を走るアマゾンのAWS(Amazon Web Service)とGoogle Cloudの売上高を比較すると以下のようになります。

20192020成長率
AWS350.3億ドル435.7億ドル24.4%
Google Cloud89.2億ドル130.6億ドル46.4%

この一年間で両者の差は縮まりましたが、それでもAWSの売上高はGoogle Cloudの3倍以上あります。2019年のAWSの売上はGoogle Cloudの約3.9倍でした。

株価はここ1、2ヶ月で上昇した印象がありますが、それでも2021年の予想PERは30倍台です。割安感はありませんが、極端に買われすぎという水準でもないと思います。